一軒家

設計料を見直す

注文住宅を建築する際の設計料と会社による違い

不動産

建築事務所で住宅を設計するとなると高額な費用が掛かると思われる方も多いのです。確かに建築費が高額になるケースも多いのですが、これには間取りや使用する材料にこだわっているから費用が高額になるということもあります。一般的にハウスメーカーの設計料は5%程度といわれています。これと比較すると建築事務所の設計料は15%程度になるのです。ハウスメーカーでは一つの会社で設計、施工を行います。ですから設計料という項目をあえて見積もりに記入していない場合や一律で設計料が決められている場合もあるのです。一つの会社ですべて行うので敢えて項目を決めて費用を請求する必要がないとも言えます。 一方で建築事務所では設計のみあるいは設計と工事監理のみを請け負います。工事に関しては外部の業者と別途契約する必要があるのです。ですから明確に設計料として料金を支払う必要があり、設計料としてみるとハウスメーカーなどよりは高額に感じるのです。しかし工事費用については施工会社数社に見積もりをとり競合で決定することも出来るので費用を抑えることも出来るのです。

建築事務所の業務内容と費用

建築事務所を利用する場合には建築士が設計を行いその対価として設計料を支払います。建築事務所の中には設計料にプラスして工事監理費用が含まれている場合もあります。工事監理とは現場監督など工事を管理する人間とは別に図面通りに現場が進んでいるか、手抜き工事などは行われていないかなどを監理します。ハウスメーカーでも現場監督や工事監理者はいますが同じ会社の社員なので施主目線というより会社に有利な監理を行う場合もあるのです。 建築事務所で建築士に現場監理を依頼する場合には施工会社とは独立した立場で現場を監理してくれるのでより施主目線で現場を監理してくれるのです。しかし建築士は設計に関する知識は持っていても必ずしも現場監理に関する知識を持っているとは限りません。建築事務所の現場監理でも場合によっては現場監理を行っていない場合もあるので契約する前に確認が必要なのです。